女神散

女神散という方剤名の 漢方があります。

方剤の説明には 「軍中七気を治する方(剤)なり」 とあり 軍中、 すなわち戦の場で わき起こる 七気、 (怒・喜・悲・憂・恐・驚・思 =七情ともいわれ 臓腑を傷つける内邪のこと) を治める漢方です。

自分の身体が 産後で満身創痍 となっているうえ 助けてくれるものもおらず 一人子育てに集中しないと いけない状況で 体も心も収拾つかなく なってきた時、 傷ついた戦士のもとへ 女神が微笑んでくれた かのような安らぎを もたらす方剤です。 産後で とかいたのは 添付文書に「産前産後の」

と適応が記されているためですが これは何も 出産に臨む女性だけを対象とした 方剤ということではなく 生みの苦しみ、 あるいは 生まれるかわからないけど 頑張らなくていはいけない 状況にあるが 満身創痍で 体も心も収拾がつかなく なってきているような方に 女性、男性、を問わず 女神は寄り添ってくださいます。

軍中におられる 男性、女性、 エキス剤では 味わえない 和製チャイのような 煎じの「女神散」を 味わいに来てみてください。 日諸木 宮の森煎じ漢方薬局

2019.12.8 日諸木講座 「漢方のおはなし」 〜女神散という名の漢方〜

ひもろぎ

日諸木 宮の森煎じ漢方薬局

札幌市中央区宮の森4条13丁目4-27

TEL 011-215-9979