筋肉目線

骨目線では 運動は大切だけど 姿勢を意識して 動作することが重要で 骨を積み上げたときに 骨だけで自立できる状態を 目標とすれば理にかなっているよね というお話をしました (したつもりになっています・・・)

今回は 筋肉目線のお話です

骨が崩れないように 骨が動かせるように 筋肉がついてくれているわけですが

なかでも背骨は危なっかしい つみあがり方を していますよね

だから 動きもかなりの自由度を持っているわけですが ~

ひねられたり、ひしゃげたりしたときに 安定するポジションまでどうにか戻ってこないといけない じゃないと、 骨が崩れた状態で どんどん次の動作に入っていってしまうわけですから 姿勢がおかしくなってしまう

そこで腹筋の重要性がでてくることになります

骨の自由度に合わせて 縦横斜めの腹筋に頑張ってもらわないといけません

でも基本は 骨に近い方の、姿勢を保つために頑張っている腹筋に 意識を向けておけば、まずOKです

意識を向けるイメージとして ワタシはよく 「内臓をコンパクトにまとめておくと動きやすいよ~」 っていいます

例えば500mlの水を 500mlのペットボトルに入れて振り回すのと 1000mlのペットボトルに入れて振り回すのとでは どちらが安定しますか?

500mlのほうですよね?

内臓は水みたいなものとイメージして 腹筋でペットボトルを小さく圧縮する感じです

おなかを薄っぺらくして まずは横から圧縮する癖をつけちゃいましょ

余裕が出てきたら~ 横(腹筋)から圧縮するだけではなく 上(横隔膜)からも 下(骨盤底筋)からも 圧縮します

姿勢を良くすれば 動作もしやすいし 内臓の働きもよくなるし 呼吸もたっぷり楽にできるんだよね~♪ お得お得!

ながれで 呼吸目線の話もしたくなりましたが また今度です

selfcareSupport 長塚