細菌無しで自活はできない

人の身体は

ひとつの卵母細胞と

ひとつの精子から

60兆もの細胞数にまで分裂し


60兆もの細胞それぞれが

協調し合って

体を機能させています。


すごいことです。 細胞⼀一つの平均重量量を

およそ1 ngと仮定すると

体重60 kgの⼈の

細胞数は約60兆個と

換算できます。


※顕微鏡の細胞像や

器官の 写真から

体積を計算して

細胞数を推定する方法などを用い

ヒトの細胞数を37兆個と

推定した論文もあります。


しかし

もっと言いますと

60兆の細胞数を

はるかに上回る

百兆個の細菌(常在菌)

の働きに支えられて

身体の恒常性は

維持されています。


さらにすごいことです。




これらの細菌無しでは

人間は自活できませんから


常在菌を含めて

人の身体だと言っても

良いくらいなのです。





それなのに

安易に除菌抗菌殺菌と、

自らの進む道に

地雷を敷くようなことを

平気で行うのは

何故なのでしょうか。



微生物を殺せる条件が

自分にだけは害がないと

どうして思えるのか、


感覚的に

危ないのではないか、


と、純粋に疑問を持って

ほしいと思います。




最近では

空間除菌などと言って

次亜塩素酸を

人がいる時も常時

撒き散らしている

ところもあります。


タバコと同じくらい

避けたい空間が

匂いもなく

増えているのが

怖いところです。


行うならば

人やペットや植物を

退避させて

行うべきです。



今、ウィルスを排除する

というスタイルが

流行っていますけれども


「敵を排除する」

あるいは

「敵を一掃し革命を起こす」

というような観念は


そもそも

身体の維持にも

そぐわない観念だ

ということを

頭でも認識すれば

良いのではないかと

思うところです。


札幌市

日諸木 宮の森煎じ漢方薬局

ひもろぎ

日諸木 宮の森煎じ漢方薬局

札幌市中央区宮の森4条13丁目4-27

TEL 011-215-9979