疫病流行

ようやく昨日から

札幌市図書館の 本が借りられる様になり

心が解放された気分です。

疫病流行中であろうが

戦時中であろうが

勉強は途絶えさせては

いけないものの一つだと

日諸木は思います。

ということを

胆振日高ブラックアウトの時に

感じました。



薄暗い部屋の中で 震災情報を繰り返し伝える

ラジオの声が

だんだんと疲弊していくのを

感じた時、

心が落ち着かなくなり はじめたのですが


ラジオを消し

ランタンの明かりで

本を読み始めると

心がスーッと静まって

いったのを

今でも思い出します。

やるべきことを

やることは

摂理に適っていますので

心が落ち着くのは

当然なのだと思います。


ウィルス感染に対して

不安を抱いておられる方も

おられると思います。

もし

報道の内容で

不安が不要に高まる様でしたら

一旦、情報をシャットアウトさせ

ご自分は今、元気であることを

実感してみてください。


そして

どんな状況にあっても

やろう、やるだろう

ということを

やると良いと思います。


それでも

何を、何故不安がっているのか

不安が拭えない様でしたら

お気軽にご相談ください。


日諸木 宮の森煎じ漢方薬局

ひもろぎ

日諸木 宮の森煎じ漢方薬局

札幌市中央区宮の森4条13丁目4-27

TEL 011-215-9979