大嘗祭を考えること


大嘗祭を考えることは すなわち 私たち一人一人が 自分自身の神霊(心神)を 考えることに 外ならないのであります。 〜「大嘗祭のこころ」より〜














伝統医学的に 病を観る時も こころで観ることが 非常に大切な視点になります 病気という契機を 大きく活かすことが 可能となる視点です   WHOでも "spiritual well-being" が健康であることの要件として 理事会レベルで認められております

霊性について 知識としても理解を深めますと 霊性(スピリチュアル) の曲解がゆえに well-beingへ向かわず 足踏みをし続けたり あるいは 逆行してしまったりという トラップから 抜け出すヒントを得る 場合がございます。

年内最後の特別講話となります。 令和「大嘗祭」に向け ”祭”の真の意味を知り 本当の自分と出会いましょう。 特別講話詳細はこちら




日諸木 宮の森煎じ漢方薬局

ひもろぎ

日諸木 宮の森煎じ漢方薬局

札幌市中央区宮の森4条13丁目4-27

TEL 011-215-9979