努力義務という日本らしさ

海外より購入した 新型コロナウィルスワクチン。 相当量を破棄するに至った

との報道を見ました。


ワクチンに限らず

医薬品市場のお客様として

上得意となっている

日本ですけれども


購入量=消費量

ではないところは


身体の感じるところに従う

素直さが健在であることに

安心します。



 


「買ってよ」

と言われれば

買ってしまう

人情深さも

らしさなのかも

しれませんが


要らないものを

買わずに

平然といられる

安定さ、強さ、 を国に取り戻したい

ところです。


勧められるままに

買い物をしているうちに、

自ら要らないものに

手を出してしまう

習慣がついてしまいます。


これから

創薬は

化学合成薬から 抗体、 組換えタンパク、 遺伝子組み換えワクチン、 核酸医薬、 遺伝子細胞治療、 遺伝子治療、 細胞治療、 腫瘍溶解ウイルス

など、新規モダリティに

移行していくわけですが これまでと同じように

不安や恐怖に打ち勝つために

検査をしたり

投薬をしたりするのでは


これまでの 化学合成医薬品市場より さらに大きな市場が 形成されていく過程に

巻き込まれるような

ただの消費形態となります。


治療、医療を

目的とするなら


根本的に


身体は自然物なので

自然の恵みで賄えるように

なっている。


という

原則に立ち返ってから


何を求めるのかを

はっきりさせて

加療すると良いでしょう。




新製品のお菓子に

心奪われるかのように


新製品の医薬品を

買うものではありません。






 


これからは

生き方の選択材料として

検査をしたいのならして


身体に投薬するかどうかの

その選択も

ひとりひとりの

生き方であるのですから


小宇宙と言われる身体に

宇宙を観て、

本当に自己の望むところに

従って行く

強さが欲しいところです。


勧められたから、

怖いから、

周りがそうだから、

といった

ネガティブ要素を

徹底的に削ぎ落とし

祓っていけば


いつでも

間違いないのだと

思います。 札幌市

日諸木 宮の森煎じ漢方薬局