みえないいのちを観る

幽霊をみましょう

ということではありません。。。


古事記には

別天つ神(ことあまつかみ)は

身を隠したまひき

とあります。


宇宙の根源的純粋意識(別天つ神)は

現象界にはお目見えしないのですが


その「みえないいのち」

すなわち、天つ神の御心に

心を常にチューニングしておきましょう

ということです。


西郷南洲翁の言葉で言うと

「人を相手にせず天を相手にせよ」

ということです。

また、別の言葉でいうと

「祓え」です。



いつでも、どこでも、です。

それは「食」にあっても、です。


(もちろん「薬」も)



とても大切なことが

書かれていました。


9/25ウェビナー主催者の 今別府様よりいただきました。


まだ何部かあります

ご希望の方は日諸木にお寄りください。


読むより聞く方が好き、と思われる方は

9/25のウェビナーにご参加ください。


読むのも聞くのも好き、な方も

9/25のウェビナーにご参加ください。

豪華な講演会です。

札幌市

日諸木 宮の森煎じ漢方薬局




鎮守の森を

蘇生してこられた

宮脇昭先生も

「見えないものを見る力」

の重要性を説かれています。

今年の植樹祭 は 10/3に延期となりました。

まだ間に合います。


本物の森づくりを

しませんか?