絵本

ワタシは小さいころ 「ちいさなさかな」という絵本を 好んでいました

さかなの シンメトリーに描かれている端正さと 楕円の目に惹かれていた 記憶があります

IMG_1623 (1)

不思議なことに その楕円の目は 悲しい目にも喜んでいる目にも 見えることがありました

今考えてみれば その目はその時のワタシの心境を 現していたのだということが わかるようになりました

IMG_1622

実は絵本に限らず 自分自身の目の前に起こる事象は 同じことが言えます

嫌なことが起こるのは 嫌な波長が自身のこころの中にあるためです 因果応報 このような厳しい表現は 仏教に多いかもしれませんが でもそれが本当です

物理的に言えば 単なる引き寄せ 波動の共鳴・共振です

天使調にいうなら 「嫌な思いを手放しなさい」 というメッセージであるといえます

神道的な言い方をするなら 「もともと綺麗なこころなのだから 祓いなさい、清めなさい」 ということです 非常にシンプルでそれだけで すがすがしくなります

意識が事象として現れるのは 決して個人レベルにとどまりません 地球レベルでも同じです

世界平和を望むのなら ひとりひとりが波動を高めて 世界を共振させることが ひとりひとりの役割なのだと 思います

自分自身が気持ち良く生きたいのなら 一抹の嫌なこころも出さないよう 心掛けることだと思います

そして健康を害さないためには それが一番重要なことだと 東洋医学の古典でもいわれているのです selfcareSupport 長塚

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ