引継ぎ

子供の相談の ちょっと続き

大人が 体裁や見栄などを 捨てきれず

「やっぱり違うじゃないか」 と、子供に 正体がばれたまま 思いの行き違いが 定常状態となっていき

お互いの関係が そんな性格だから仕方ない などという状態で 安定すると

今度は 子供が親の課題も 引き継いで 大きくなっていく ことになります

ワタシ自身 こういうことが 摂理であって 仕組みであると パチンと 分かったのが 数年前だったので

歪みの調整には 捨て身の 体当たりが 必要な状態に なっていました