ショウブ

先日、艾葉を炙っていて 頭がすっきりといい気分になり 思い出しました

そうそう、艾葉は 端午の節句に ショウブと一緒に 軒につるして厄除けにする 風習がありますね

ショウブといえば 菖蒲湯なんかは 結構、メジャーかと 思いますが


Unknown-1

生薬としては 菖蒲の根を使います

花菖蒲とは種類が違うので そこら辺に咲いている花菖蒲を 引っこ抜いてきたりしないように..


Unknown-7

ショウブは 開竅薬といわれ、 端午の節句に 魔除けに使われるように

実邪、 特に アストラル体のはなし でお話ししていたような 想念由来の邪に対して 有効になってきます

これまでに 漢方は 食養生の一環だ (血・水に働く) そして 目に見えない気に働いている というふうにお伝えしてきましたが

今回は 初めて開竅薬を 取り上げていますので ちょっとオカルトちっくに 聞こえるかもしれません

そういう類の気も あるもんなんだな〜 くらいに 軽く流し読みしていただければ と思います

”魔が差す”時 これはまさに 邪が入り込んでいる わけですが

動悸がしたり 驚きやすくなったり ひどいと意識障害をおこしたり 心竅が閉ざされます

そこで 閉じた心竅を開く 開竅薬を用いるというわけです

もちろん帰経は心、 他に脾・胃 温める系 の生薬です

でも、 いつもお話ししていますように ご自身由来の低い波長を 手放していくことで 魔など取りつく余地も (同波長が共鳴することも) なくなっていくわけですから

一曰、神治をベースに 生薬、漢方の手助けを 得ていくことが 大切なことなのだと思います

selfcareSupport 長塚

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ