びじねす

御縁があって ある異業種交流会の会員になった

もちろん会は 異業種と商談の機会を設けるものなのだが

月1回行われる例会というものがあって その運営に 宇宙の法則をみさせていただいている

お金を手にする 唯一の方法 それは 貢献という形で エネルギーを外に出す

ということ

毎月1回行われる例会は 担当になると その準備企画から後日行われる反省会まで スケジュールがびっしりのようだ

自社の運営で忙しいであろう社長さんたちが 例会のその運営に楽しそうに貢献している 😀

入会したときのオリエンテーションでは こんな説明があった 「例会で一生懸命動いているのを見たでしょう あれがいつの間にか商談成立につながる ということをみんな知っているからなんだよ」と

会社をうまく運営させる社長さんの動きを こんなに近くで見させてもらえて ラッキーだなとおもいながら

ビジネス初心者のワタシは ちょろちょろと小間使いのように 先輩社長さんのまねをさせていただいている

ビジネスといっても 身体と同じで エネルギーを循環させることが 病気をつくらないポイントのようだ

大切に育てていこうと思う selfcareSupport 長塚

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ