黄帝内経 素問 上古天真論篇(2)

前回の続き 以下は、修養のあり方が 書かれた節

夫上古聖人之教下也、

上古の修養の道理を深く理解した人は 人々を教え導くのに 常にこのように述べました

皆謂之虚邪賊風、 避之有時。

外界の虚邪賊風に注意して、回避すべき時に回避する

恬憺虚無、

こころ静かに安らかにし 貪り求めたり、邪な考えを持たず 物の得失でこころを煩わせること無ければ</