黄帝内経 素問 上古天真論篇

上古の人は皆百歳を過ぎても生き、 行動は衰えなかったと聞いている。 ところが現代の者を見ると、 五十歳程度で、動作が衰えてしまう これは時代によって 天地の及ぼす影響に違いがあって、 寿命に差ができたのだろうか。 それとも、人が養生の道を はずれているためだろうか?

これは東洋医学の古典 黄帝内経に書かれている一節である

近い過去と比較してみれば 現代人は まるで寿命が延びたかのように 思うが、 上古と比べてみると 健康寿命は短くなっている

次は修養のあり方が 書かれた節を紹介したい selfcareSupport 長塚