魂は永遠なり~

やっぱり ワタシタチが病気をいやがるのは それが死につながることへの おそれなのかな~ と思う

(痛みへのおそれなのかな~はコチラ)

それは 「肉体も魂も無くなっちゃうなんて嫌だ!」 なのか

魂は永遠なり~ とはわかっているものの 「この俺様の素敵なボディが この世から無くなってしまうなんて 耐えられない!」 っていうものなのか

ワタシにはいまひとつ ピンとこないところなのだが

なんとな~く ワタシタチは肉体無しの魂があることは 感じてるじゃない? (なんとなくじゃない人も結構いるけどね)

だからね 肉体がなくなることは 「終了ー!」 ってことじゃないってこと

よっぽど嫌だと ワタシが思うのは

今回、何を課題として肉体を持ったか 気にも留めずに その貴重なチャンスを不意にすること 😯

その方が断然いやだな~ 😦

だってね 死んだって 「終了ー!」 じゃないんだから 😯

病院でお医者様に余命宣告されてから 初めて人生を振り返る とか 死に目に会って目が覚める とか ではなく

いろんなことが進化している 今に生きているのだから

先取りして 本当の自分であるための 自分の人生を

おそれや迷いだって むかえうって♪ 謳歌しちゃえばいいんじゃない? そういう時代なんじゃない?

そうすれば 死だってこわくないから みすみす医療システムに 翻弄されなくたって 済むのではないかな~

って日々思っているのだよ 😉 selfcareSupport 長塚