靴のぬぎはき

我が家でのこと

kutsu_nugu_bad

子供が靴を脱ぎっぱなしで 家にあがったので

「靴が揃ってないよ」

というと

「揃える必要はあるのかな」 「自由でいいんじゃない?」

という

なにか 自分の楽なことを 自由と錯誤しているようだ

「次に履く時に 履きやすいように」 と靴を揃えるこころ

そういう 思いやりのこころを 持った生活をしたいか どうか

自分だけなら いいじゃないか と乱すうちに

そのこころが 養われるチャンスを 逃すことになること

マナーは そんな風に出来上がって きているのだから 習慣を軽んじて欲しくない

と話しました

 

kutsu_nugu_good

と話す子供に

それなら 尚のことと

自分に対して 思いやりのこころを 持つことが できないのに

外でできるという 道理はない とはなします

外で マナーを 知っている人然として と靴を揃えても

それは パフォーマンスとして わざわざやっている ということに なってしまうし

人の靴を揃える時には やってあげているという 偽善になって しまうでしょう

shoes_03

でも何より 愕然と思うことは

これまで育ててきた中で 自然とそのことが 身についていない 子供の姿に

靴の脱ぎ履きは 出来ていたとしても、 同様の有様を 自分の内にみてしまう ということです selfcareSupport 長塚

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ