電磁波アレルギー(2)

電磁波アレルギー (続き)

自分がこういうことで アレルギーを起こして

「こういうことって あるんだな〜」って 身体の辛さとは 別のところで 驚いちゃいました

いやはや いろいろなことが 起こるものです

ですが こんな事態になるにも 相談できる人が現れてから 起きていた というのが不思議なものです

今年の春に 子供の通う学校へ 赴任してこられた先生が 電磁波アレルギーを もっているのだと なんとなく 子供のはなしで 聞いていました

それを思い出し 経験者に聞くのが 一番だと思い 相談したいなぁ と思っていたら 折良く(?) 三者面談の時期と 重なっていて 面談目的というより 健康相談に学校へ 行くことができました

その先生の場合 アナフィラキシー様の ショック状態まで 経験されていたので 非常に有用な対策を細かく 教えていただいたのですが

要約すると でんきタイプのアレルギー ですから 衣服や保湿で 絶縁するように心がけるのが 対処法だとのことでした

しかし何より大切なのは やっぱり メンタル・スピリチュアル ということです

 

これまで 「病気には2種類ある」 と、お話ししてきましたが アレルギーは往々にして 自分が引き寄せるほうの 病気であると 見ることができます

アレルギーは体の中で 何が起きているかと言いますと 外来物を排除しようとする機能が 過剰に起きている状態です

それが慢性化すると アトピーとか ぜんそくとか 診断名も付いてきます

慢性化というのは 最初は異物を排除しようと 体が反応したものの 敏感に反応しすぎて しまいには 異物が侵入していないのに 自ら異物を作り出し それを排除しようと 体の中で 独り相撲をおこなっている そんな状態です

体がそんな反応を起こしている時 それは実はメンタルでも そんな活動がおきていることが ほとんどです

スピリチュアル的にも 外来物を排除しようとする自分に 気づいて、そこを進化させる時 そんなときに アレルギー症状が出てきている ように見受けられます

そのような視座を 持っていただくだけで 症状が軽減される

そして 排除しようとしているものを 自分で作り出し 排除しようとしているものが 自分の中の自分にあることが わかった時に 自然と症状が軽快していくのは 一見不思議なようですが よく摂理を考えてみますと 当たり前のことなのです

(さらに続く)

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ