電磁波アレルギー

アレルギーには いろいろありますが

この夏ワタシは 電磁波アレルギー を実体験しました

蕃秀の夏とはいいますが 何でもかんでも ひろいすぎ、 かつ過剰増幅してしまい ひどいもんでした

最初は 「蛍光灯をLEDにしました」 という場所にいただけ だったのですが

時間が経過するにしたがい めまいがして 頭痛がして 気持ち悪くなっていきました

FAXが受信される直前には 強烈な頭痛が起きて 意識がとびそうなくらいにも なりました

LED照明のないところへ 移動しても 頭痛や吐き気は良くならず 照射された日は不眠となりました

そのうちに 不整脈もでるようになり 視野の一部が霞んでみえる 加齢黄斑変性のような 症状が出るようになりと ものすごいダメージ感で

久しぶりに体調不良を 経験したのですが..

そもそもワタシは でんきタイプ(ピカチュウ?)で 感情が高まったまま 指をさしたり 電気系のスイッチを触ると 電化製品が壊れることが たびたびありました

でもそれらは ワタシからの一方向性 のものだったので 感情を高ぶらせないとか 物や人をポイントしない などで対処できていたのです

けれど 数年前にラジオ番組を 持たせていただいたことが ありまして その頃から身体に 異変を感じるようになりました

一方向性だったものが 双方向性になってしまった という感覚です

体の反応で言えば しびれてくる 痛くなってくるのです

その反応は 特にパソコンをいじっていると 顕著になるので その頃からブログの更新や FBの投稿も減らしました

そのうちに その触っている情報の内容で 痛くなるかならないかの違いも わかるようになってきて 対処もできるように なっていたのですが

ここにきて 情報のエネルギーが 増幅するという事態! しかも光線にのって 浴びせられるという そんなことになったわけです

(続く)

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ