開竅薬(2)

前回の続き

漢方には「開竅剤」 というジャンルの方剤がある

どんな方剤かというと 簡単に言えば エネルギーの通り道を開く ちからをもつ

おかまいなしに 低波動を発していると 共鳴で邪や賊が流入してくるので 身を守るために エネルギーの通り道は 閉じられてしまう

すると当然 身はエネルギー切れとなり どうにか あり合わせのエネルギーを回そうと 血圧が高くなったり 時には 意識を失わせ エコモードに入ることもある

そんな救急時に使われるのが 「開竅剤」になります

2e8a977f81c2f1335e24c635992f48da_s

結界をはるように 門を閉じたのに それをこじ開けて また、エネルギーを 流入させるのだから、

血圧が下がったり 意識が戻ったりしても 本当の意味では 危険なわけです

しかし どんなエネルギーでも 入って来れば な・ん・ら・かのチカラは わきますので

いい薬だと 漫然と服用しておられる方が いらっしゃるのですけれども

無防備もいいところ クリーニングしていなければ 邪は深く侵入して 大変危険なのですね

で、 前回のはなしに戻りますが

面白半分に開竅剤を服用した うちの子供は しっかり邪が侵入してしまい いきなり 色々な証が複合して現れた感じに なったのでした

通り道が閉じないように パワーストーンを使ったり お香を焚いたり 色々なクリーニングのための エネルギーワークがあるようだけれど

でも どんなツールを使おうが 自分の意識で 邪が同調するような波動を 生み出さないよう セルフクリーニングを 怠らないことが 一番大切なんだと思います

それが「祓え」です selfcareSupport 長塚

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ