診断名をもとめることの弊害

なんか調子が悪い といって

病院に行って 診断名をつけてもらい 安心する人がいます

あなたは病人ですよ と言われて 安心するのです

よく考えてみたら 変ですね

調子が悪い自分 本当の状態じゃない自分 であることを 他の人にも 認めて欲しいのです

こういう状態の時 その方はまだ 治ることを望んでいません

まずそのままの自分を 認めて欲しい状態にあります

「病人であること = 「自分を認めてもらえること」

になってしまうと 病気からは抜け出し づらくなります

これは診断名がつく弊害 のひとつです

このような場合 自分自身がご自分を 認めていないことに 気づくことが 最優先になります

 

保険診療では 診断名がつかないと 保険請求ができないので 受診すれば なんらかの 診断名をつけます

医師が 「大したことない」 といっているのに

「あなたは○○です」と 診断名をつけられた 瞬間からズドーンと 病人になりきってしまう 人がいます

医者という大権威に 大きな暗示を かけられたかのようです

こうなると “引き寄せの病気”に かかることができます

こちらは ショックから立ち直れば 自分の治る力が 湧いてきます

おみくじを引いて 「凶」をひくと その日から 運が悪くなったように 感じる方は

病院に行かない方が よっぽど早く 治るかもしれません

病院ではまず 診断名が付けられるのが 当たり前だと知っておくと 良いと思います selfcareSupport 長塚

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ