薬の副作用?

薬の副作用というと 薬効成分が悪さしている とばかり思いがちだが

あの飲みやすい(鑑別しやすい?)剤型 に薬を製造するのに どれだけの添加物が使われているかを 考えてみれば そうとばかりも思えないと 感じるかもしれない

例えば 「ガスタ−10」は コマーシャルのフレーズで 聞き覚えのある方も多いかと思うが、 10mgの主要成分が入っている

だいたい錠剤1錠は100mgくらい

ということは、 9割は添加物であのかたちに なっているわけだ

今、ワタシタチは知らぬ間に 年間kg単位で食品添加物を摂取している

それがどれだけ身体に 悪影響を及ぼしているかが クローズアップされてくることは まず無い それは 化学調味料無添加ならいいのか と同じ構図だろう

薬にいたっては 添加物がどう影響しているかなんて そもそも考慮されていない

でも、自然の法則には あてはまりそうも無いことは なんとなく感じるじゃない?

デトックスが追いつかないくらい 化学物質が身体の中に入ってきて 「きゃーもう無理ー」 「緊急事態!緊急事態!」 って、言いだしているのが

化学物質過敏症のような アレルギー反応だったら、

解毒を担当している肝臓の 機能低下だとしたら、

本当に身体が要求しているのは 化学物質を摂取することを やめて下さい ということなんだと思う

それを改善せずして 薬を投与して症状を抑えても 身体はいじけちゃうよね お菓子与えられて黙らされている子供みたい

一度いじけさせると面倒だよね いじけさせないようにしとこうよ selfcareSupport 長塚

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ