自分自身でいること

少し前の医療は 患者サイドに有無を言わせず 治療を押し進める風潮が 少なからずあったと思います

薬剤師は いかに医師の処方通りに 薬を服薬してもらうか (コンプライアンス) を重視した業務を 行ってきていました

でも、今は アドヒアランスを 重視した業務に 移行しています

アドヒアランスというのは まず病気を治すんだという信念 ファーストオピニオン を自分自身が持った上で 医療機関と協働で治癒に向かう 治療を受けていくこと

主体は本人にあります