自分の体はこんなもの

こんにちは セルフケアサポート長塚です

「自分の体はこんなもの」 という思い込みで 体からのメッセージを 受け流してしまっている人は 結構多い

というはなしを 以前”冷え”についてしたことが あるとおもいますが

今回は”便秘”のはなしです http://www.selfcare-s.com/自分の体はこんなもの/

こんな方がいました

食事量は通常量なのに 3〜7日に1度の便通で 溜まってくると 病院で処方される ラキソベロンという薬で 出すのだと

その習慣は常習化していて おかしいとも思っていなかった らしいのです

自分の体はそんなもの なのかと

顔は浅黒く、シミもたくさんできており 何より子供に接するときの態度が やたらと厳しいものでした 子供を見るときに 必ず否定から入っていくのです…

体の外に出さないといけないものが 体の中で滞っていれば 気も巡らなくなってきます

こんなあからさまにおかしいのに それを普通と思っているんだから 漢方の力で “食べて、出す”の 自然なサイクルを 甦らすのが手っ取り早い と思い

「ドラッグストアで ◯◯買って飲んでみてください」と 方剤名をアドバイスさせていただきました

すると、それまで ウサギの糞のようなウンチ しかでなかったのに 自分の体からも バナナウンチがでるようになって びっくりした と喜んでいらっしゃるのです

それまでは、ご自分の体を 見くびりすぎでした 自分の体はこんなものだろうと ネガティブなジャッジ、 否定から入ってしまっては 良くなりようがありません

でも、体と心の連環はここからです インとアウトがスムースに流れ始めると 起きてくる事象が変化し始めます

それまで 下の子は自由奔放な性格で 何やるにも「ダメよ、◯◯」と 制限していたのに 「ダメ」という否定の言葉を使わないように なっていきました

上の子は先生と友達からのいじめで 辛い思いをしていましたが 子供を信じて力をつけてあげるサポートが できるようになっていきました

自分自身の身の回りに起きていた トラブルも解消していきました

ここまで巡って、 それで治癒だとワタシは思っています

自分の心持ちが 便秘を引き起こしていたかもしれません

便秘のせいで 気持ちが鬱滞したのかもしれません

相互の連関を自分で意識することで これまでの癖を修正し、 繰り返しを防いでいくことができるでしょう

良い週末をお過ごしください♪

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ