習慣ができたら

こんにちは セルフケアサポート長塚です

時間をまたぐと 何を書きたかったのか わからなくなってしまい 書きかけのブログが たまってしまいました

頭に浮かんだことの 自動筆記が できるようになったら いいのにと 思ったりしながら 過ごしておりましたが 書きかけは 潔く破棄することにします

しかし こころの中では みなさんと たくさんお話ししている 長塚です

さて 先日のブログで 私が就職して 初めて見た世界 を書いてみました http://www.selfcare-s.com/なんじゃコレ!をみたら/ 理想とはかけ離れた なんじゃコレ という世界でした

新薬の研究開発に 携わりたいと 垣間見させてもらった世界は 純粋な研究者には 過酷な世界にみえました

(不純粋なワタシは さっさと逃げ出した わけですけれども、、)

社会性もなく 経営能力もない その道だけの天才が いたとしても 社会のなかに 天与の才を育てる土壌は 今さらに 減ってきていると 思います

そして 家庭内ですらも 天才を育てる土壌は 実のところ減っているのかと 自分の子育てを見ながら いつも省みています

それは 特性(天から受けた才能) を持った者を どこまで信じきれるか というところで、 育てる側の利己的な面が むくむくと湧いてきて その特性を殺してしまい あるいは 天与の才の使い方を 誤ってしまうことが あるということです

ネガティブなものの 補正のために設けたはずの ボーダーラインが むしろ ポジティブの切り捨てに 働いていることに気づいたなら システムとしての線引きに 頼ることから卒業する時に 入ってきているのでは ないでしょうか

これまで用いてきた 線引はAIが代わりを 担い始めていますので 卒業は否応なしに させられるのですが、、

システムとしての線引をうまく 活用できなかったのに そのままの状態で AIに頼るようになれば それがどのような結果を 導いていくかは自明です

本当の意味での 線引からの卒業を 時流に合わせて 急ぎたいところです

 

さてさて メールマガジンを 配信し始めて 3年が過ぎようと しています

メールを受け取り続けて くださっている皆様には (メールが届かなくとも) いつも感謝の気持ちで 会話をさせて いただいております ありがとうございます

当初から お伝えし続けていた 自分を信じ治す時期も 次のステージに 移行している気が しています

自分を取り戻した方 もしくは 自分を取り戻すための 習慣ができ始めている方は

見えている世界を 今度は目を開いて直視して 自分を信じ続けながら 動くことが 求められていると思います

動くときには 人頼みのように 神に頼むのではなく

邪なこころが 自分の中に わ・か・な・い ように神に頼み わいているならば 祓いたいんだと宣言して インスピレーションを いただくと 非常に力になります

そして インスピレーションを受けたら それを実行します

神社へこころを合わせに 行く場合には ご祭神の特性を知って 参拝されると良いと思います

神社で神官に お取り次ぎいただくのも 自分の邪な心を 挟ませない良い方法です

そんなお話もしながら 7/1(日) 北海道神宮境内林ツアー 開催いたします http://www.selfcare-s.com/神宮境内林散策ツアー-3/ 正式参拝までのご参加でも 構いません よろしければご利用ください

それでは 良い1週間をお過ごしください♪

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ