終末医療だけにではなく先取りしましょ♪

ちょっと 吠えさせていただきます

小宇宙である人体で起こっていることに ジャッジをするなんて〜 診断しきることなんてできないのに 診断をつけようとするから

言い訳のたらい回しをするために どんどん病名が増えていき〜 それに伴って それっぽい あてがわれ品が製造されていっている〜 (ちょっと今日は毒っぽい?)

どこまでこのサイクルを 繰り返していくんだろう そろそろ終わりだろうか〜

研究者たちは優秀だから 研究テーマに沿った エビデンスは出せるように なっていると思います

でもでも それは一部分だけをフォーカスした エビデンス

フォーカスした中では 間違ってはいないのかもしれないけど 小宇宙(全人)を見渡せばなんのことやら わからんちんなエビデンスが沢山です

もう 小宇宙(全人)に適合させるには 無理が生じ過ぎている って ワタシタチは認めないと いけないよね?ね?

全人医療から外れてしまえば その一部分にフォーカスした見地を 役立たせることは難しい

ということを 今の医療はあらわしているんだと思う

患者当人も医療提供側も 満足のいく医療が施されるのは

今のところ、 病を持つことで 仁徳(小宇宙を見渡した医療)に 触れるか、 小宇宙を内に認めるかして、 魂の昇華が起きた時だ

それが たまたま〜 ラッキー♪ ってなことではなく これからは、

病という事象をどのように 受け止めるのか

病が起きるまでもなく 人生において直面していく事象を どのように受け止めていくのか

その考えのもととなる 宇宙の摂理を知っておくだけで みんないつでも ラッキーに向かっていることが、 向かおうとしていることが、 実感できるのだから〜

ワオ〜ン selfcareSupport 長塚

「全人医療」で検索してみたら 素敵なYouTubeみつけましたので シェアいたします 永田勝太郎先生のウェブサイト http://www.e-oishasan.net/site/nagata/treat01.html

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ