精・神の復帰

人の健康は 肉体の健やかなことのみならず 精神的にも健全であることを 指していることは、 皆が認めるところと思います。 病気になった方は 体調不良の原因として 「精神的ストレスのせいだと思う」 と自身の精神的要因を 認めていることが少なくありません。 それにもかかわらず 不調が起きたときに、 肉体だけの改善をしようとする 受診者の考え方が 当たり前のようになっています。 医療体制も 病の起きている状態全体を フォローするシステムには なっていないので そのように考えてしまうのは わかる部分もありますが これは非常に もったいないことに思います。

漢方を学ぶとき 原典を紐解きますと 霊性のあり方が まず、重要であると 冒頭より明記されています。 漢方ではそもそも 霊性のあり方を基として 人を診ています。 伝統医療では 肉体(物質)だけを 診ているわけではありません。 ですので 診られる側も 「取り敢えずどうにか 肉体だけ回復したい」 というような 消極的な考えではなしに、 「精・も復帰させたい」 と思っていただければ、 心身は連関していますので 全体の回復度合いは かなり効率が上がって まいります。

漢方を服薬するにも このような前提を 知っているのと 知らないのとでは 大きな違いが あるように感じております。 日諸木 宮の森煎じ漢方薬局

ひもろぎ

日諸木 宮の森煎じ漢方薬局

札幌市中央区宮の森4条13丁目4-27

TEL 011-215-9979