祈りのチカラ

この度の地震では たくさんの想いを寄せていただき ありがとうございました

とても励みになり チカラをいただいておりました こころより感謝申し上げます

 

復旧見込みが 定まらない停電の中で 経験するこころの変移は 想い(祈り)のチカラを 実感する時間でも ありました

実は

祈りのチカラ、 医療の分野でみると 心疾患者の治療において 「祈り」に 有意差が認められたという 研究報告があったりします

国内では 祈りのチカラを軽視できない と考える先生方が 治療として「祈り」を本気で 取り入れるクリニックを 開設されるまでに至っています

「空海記念統合医療クリニック」 お茶の水博士の モデルの一人とされる 東大名誉教授の医学博士 が発起人

日本で癌専門病院といえば 癌研か国立がんセンター といわれていますが その、癌研の漢方サポート科で 13年勤められてきた先生 が院長

目に見えない 意識のチカラは 計量分析することが まだできていませんが

本当に チカラが 在ります

見えないからといって 取るに足らないもの として扱かっていては まさに本末転倒です (意識が現象に対し 先行していると言う 意味において)

良くも悪くも 本当に 想いにはチカラが ありますので

どうか 軽んじることなく ご自分のチカラを信じて キレイなチカラを 発揮していただければと 思います どうぞ宜しくお願い致します selfcareSupport 長塚

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ