確信犯の組織〜

着実に全体が 良くなっているのを 感じます

今回は、読んで 感じ入ってしまった この記事をご紹介

「確信犯の組織、私はこう変えた」AMEDの末松理事長

(一部抜粋) 単年度でしか研究予算を組めないという制限も、2016年1月13日にルールを改め、複数年度にわたって研究を続ける“年度またぎ”ができるようにした。「創薬や再生医療には何年もかかる研究が多い。ところが大学では単年度予算という制限があるため、年度末になると研究がいったん終了したこ