相手を認める

相手を認めない限り 声は届きません

兄弟においても 夫婦においても 親子においても 自己との対話においても

仕事での上下関係も 同僚とも その他諸々

それらは全部 同じ仕組みに なっているようです

自分のエゴを押しつけると 余計に頑なに扉が閉まります

「相手のために 教えてあげているのに…」