相手を認める

相手を認めない限り 声は届きません

兄弟においても 夫婦においても 親子においても 自己との対話においても

仕事での上下関係も 同僚とも その他諸々

それらは全部 同じ仕組みに なっているようです

自分のエゴを押しつけると 余計に頑なに扉が閉まります

「相手のために 教えてあげているのに…」

「○○したほうがいいですよ」

う〜ん 言いたいことはわかりますが それは丸まんまエゴなんですから〜 🙂

(そういうこと言うときって 大抵皆、口を尖らせています  😕 不満全開だからなんだろな)

分かっていそうでいて 分からないポイントというのは 不思議と個人個人で かなり違うんですよね

そこですかー! そこでしたー! って、大笑いですよ

大悟された方でも ポイントは さまざまなようなので 本当に不思議です

(自我を) 見つけると楽しいですよね オセロみたいで 気持ちいいです

同じことを伝えるのも 意識が変わるだけで スムースにいくんですよね

だからやっぱり 手っ取り早いのは 自己との会話を 完結させてしまうことです (自我を滅却してしまうこと) selfcareSupport 長塚

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ