病気には2種類ある

からだに現れる不調には2種類ある

ひとつは、 自らが引き寄せているもの 要は病気に意識をフォーカスして、病気を引き寄せているものだ

たとえば花粉症 これは シーズンのキャンペーンみたいなものでしょう

2月ごろから ニュースで「今年の花粉の量は去年の何倍」と 花粉の飛び散る映像をながします 見ただけでかゆくなるというひとがいます (そういうものだと思い込まされているから)

CMでも「早目の服用を~」と 花粉キャラを使ったりして 製薬メーカーが不安を煽るので

今年の花粉症はひどくなりそうだ・・とおそれて 抗アレルギー剤を早目に服用したりする方も出てくるわけです また、まだ花粉症になっていない人まで 今年は、閾値を超えて(?)発症するかもしれない・・とおそれるわけですね

そうすると 年々、花粉症罹患率が増えていきます

なぜ、花粉症の人が増えるのだろう じゃなくて ‘あなたは花粉症になりますよ’キャンペーンを しているのですから みんな引き寄せちゃうのですね

たしかに 最近の花粉は純粋な花粉だけの塊じゃないから 特に、からだが排泄しようと鼻水や涙をだすのだけれども たとえからだが花粉症といわれる反応をしたところで それを薬で止めてどうしちゃうの? と思うのです

「わー、花粉症だー」と意識で煽り立てるから からだも過剰反応して「わー」となるわけですね 意識で病気を引き寄せているということになります

この秋でも 来春シーズンでも、 鼻水が垂れてきたら ちゃんといらないものを外に出してくれているからだに 感謝して心穏やかに過ごしてみてください 1週間ほどで落ち着きますから そしてそれは正常反応なのです

「とはいっても、仕事にならないんだよね~」

う~ん 分からなくはありませんが それでは、 抗アレルギー剤を買うために働いてくださ~い デットックスの問題はご自身の体内で先送りで~す ということになってしまいます

薬を飲んで症状をおさえたら、デトックス出来なかった分は いつかどこかでなんらかのかたちで しかも飲んだ薬の分も合わせて 出さないといけなくなってしまいます

インフルエンザだってそう 「ワクチンを打たなきゃ」というあたりから 引き寄せは始まっています、、、

健康診断だってあなた次第で いろんな病気の引き寄せになります、、、

最近、ビジネスの勉強をし始めたので よおくわかるのです 「不安や問題を煽って解決しますよ」 という構図になっているだけだと

病院や薬が好きじゃないのであれば 医療ビジネスのブームには のらない自分をつくることです

おそれや不安は徹底的に手放します

そして もうひとつは、、、 長くなってしまったのでまたにします

selfcareSupport 長塚

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ