物理の簡単な本を読んでみると

「宇宙のはじまり」 ~多田将のすごい授業~ イースト新書Q

を読んでみると

ワタシタチを含め物質は 全宇宙の10億分の1であると、 書いてあった

ものすごい希少な確率で ワタシタチは存在しているのだ

そして 10億分の1(物質)以外は何かというと 光(エネルギー)であるということだ

やたら納得である

密度の差は多少あれど 約10億分の1である物質の他は全部エネルギーなんだよ (しつこい)

本の中で筆者の多田さんは 物質は光になれなかったあぶれもの って表現されているんだけど

ワタシがきいているのは 自ら選んで、 目的を持って物質になっていると いうほうだ

よく「人体は小宇宙」といわれているように

あぶれた粒子は寄り集まって 人体という小宇宙をつくり 光になるのを憧れながら エネルギーの中で 生活しているのかもしれないね

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ