漢方との出会い2

そんなある日 とうとうワタシは ぐずる子供に手を上げてしまいました

いつもワタシを助けてくれて いっこ下の弟の面倒をみてくれて わがままなんて言わない 上の子が めずらしく自己主張して ぐずっただけなのに

そのかわいいい頭をたたいてしまったのです

もう ワタシは完全に自分が嫌になり

「死にたい」

そのときには無意識ではなく こころから言葉を発していました

病院に行っていたら 間違いなくうつ病と診断され 薬を処方されて服用し 病人になっていたと思います

その頃の私はまだ 漢方薬といえば 葛根湯ぐらいしか飲んだことしかなく はじめて違う漢方を飲んでみようかと すがる思いで 効能書きだけを頼りに 漢方を選びました

そして選んだ漢方を2服すると 2年とまっていた生理がやってきたのです

その体の変化を知っただけでも 心は変化し もちろん漢方も 心に効いてきました

今から思えば 書いてある薬効だけでチョイスした 漢方が証に合っていた というのは ワタシが漢方に出会うために ビギナーズラックをくれたのかな と感じるのですが

ともあれ 証が合っていれば 漢方は急性・慢性問わず ガチッと効いてくる ということなのです

これが ワタシが漢方を信頼することになった 出来事で そこから 東洋医学を学び始めました

selfcareSupport 長塚

そのとき選んだ方剤を知りたい方はこちら

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ