漢方で気持ちが変わる?

漢方相談に来られた方に 「心境の変化を気にしていてください」 という時があります

すると 「ええっ 気持ちが変わるんですか?」 と、驚かれる方がいらっしゃいます

「ええっ びっくりするとこだった?」 と、ワタシが驚いたりするわけですが…

病気になると 体の変化ばかりを追って 心の変化は見過ごしがちです

体と心がリンクしていることを 今はほとんどの方が 認めていると思いますが なぜか 心へのアプローチを なおざりにしている場合が 多いようです

例えば ストレスで病気になった と認識していても 病気を薬で治そうとして ストレスを解消しようとしない方が おられます

仮に薬で症状を落ち着かせたとしても それは 新薬を使おうが、漢方を使おうが、 対症療法に過ぎません

「ストレスと感じている大元を 昇華させなさい」 と、病が現れているのですから 原因を無くす努力は しなければなりません

体が楽になって 物事をポジティブに 捉えられるようになったのなら

そのポジティブな心境に 気づいて、保持していくことが 大切なんだなと 心に刻むことです

ストレスをストレスと感じ ストレスを生み出しているのは 実は自我の部分であること、 本当の自分でないことを、 病が教えてくれているというわけです

selfcareSupport 長塚

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ