泣いたナガツカ

こんにちは セルフケアサポート長塚です

なんだか すごい揺り動かしの 衝動が来ているのを 日々感じる秋です

自分だけではなく セルフケアサポートを ご利用いただいている 皆様にも ビッグウェーブが やってきていると ヒシヒシと感じます

もう 波にのまれて 溺れている場合じゃありません 波に軽やかに 乗ってしまいましょう

そうそう 波にのまれて 揺り動かされ 泣いた話、、、

古傷というか 古くから共に居る自我を 追い出す時というのは 表出してくる時が 辛くて、泣けてきます

ほんと 子供が駄々こねているみたいです だから自我のこと インナーチャイルドって 言ったりするんでしょうね

十牛図にいたっては 暴れ牛扱いですよ その表現すごくわかります

でもね この自我の部分 表出してこないと 祓えないんです 困ったものです

先日 このメルマガやHPを 運営してくれている webデザイナーの社長さんと 今後の方針を 打ち合わせたのですが

この はっきりしないHP… ビジネスするの しないの、どうするの と、やんわり迫られ

「ワタシ、 ビジネスしたくない」 って、泣きました

言ったわけじゃないし、 涙がにじんだだけですけど、、

なんで泣けるか っていうと ワタシの自我が 駄々こねているんですよ

ビジネスを興して 家族を苦労させた父親を 見ていたから

そして興した後に 責任もって運営せずに 放棄した姿を見たから

それが元型となって 自我が暴れます

その痛み 綺麗にしなさいよー って、暴れて 教えてくれるんです

暴れなくていいのに とおもいますが 暴れないと 綺麗にする(祓う) ものだって 認識しづらいから 暴れてくれるんですね

有難い暴れ牛です、、

で、暴れ牛を見つけたら 今度は調教です

ちゃんと言うこと 聞いてくれるように 優しく痛みを 癒してあげます

そうすると 牛はおとなしく 一緒に歩いてくれるように なりますので 抵抗なく 行動できるようになります

「あ、もしかして 最初から抵抗しないで 行動すればいいだけじゃない」 ってわかると その時には牛(自我)は いなくなっていることに 気づきます

そうなってくると 今度は 自分で動いているんじゃなくて 波に乗って動いているんだ =つまり 分離独立して存在している 個人でなくて 宇宙の摂理に乗っている さらに言うと 宇宙の巡行・摂理(神)そのもの なのだと感じるように なっていきます

というのがセルフケアです

波にのまれた時、 どちらが上なのか 見失わないように 「上」を知っておくこと が助けになります

そして 力を抜いて 抵抗しなければ 上に浮いてくることも 事前に知っておいて、 且つ その実習をしておくと 波乗りが 楽しくなります

一人で試行錯誤して 溺れかけてたり、 もう波を見るのも嫌 になってしまった方、 それを続けると 自我が気付いてくれと 病気として現れてきます

ご一緒に波(自我)に 触れるところから チャレンジしてみませんか 練習プログラムの詳細 (セルフケアサポートの詳細) 気になった方は お気軽にお問い合わせください http://www.selfcare-s.com/contact/

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ