気持ちの良い処方箋

最近、気持ちの良い処方箋が 増えてきているのを感じ 嬉しくなることがあります

ワタシが 気持ち良い と感じるのは

患者さんを 良くしようと 意図を感じる 処方箋です

医師の姿が 目の前に現れてきます

処方箋に いのちが宿っている のを感じて 嬉しくなります

一方で 改善の余地はないと 決め付けているのか 良くしようという意図が 全く感じられ無い 死んでいる処方箋があります

そういう処方箋では たとえ漢方が処方されていても 漢方は職能を果たせません

そもそも 良い変化の兆しが あったとしても 医師も 罹患者本人も それをすくい上げて 良い方向に持って行こう なんて思ってい無いのですから

現状維持が 前提になっている限り 悪くなったのは気付けても 良くなったことには気付けず 薬を飲み続けるしか無いのです

 

一時しのぎの役目しか 持たない合成薬は 使うと 体に混乱を招いたり 勘違いをさせて 自己治癒力を 結果的に低下させるところがあり ワタシ自身は 好きではなく 使いませんが

とはいえ その一時しのぎの薬を 工夫して処方されている 先生にはエールを 送りたいですし、 西洋薬の縛りの中でも もっといい医療に なってきそうな 兆しを感じます

日本の医学部の 基本的なカリキュラムでは そういった西洋薬で 治療することしか 学ばないので 日本のお医者様は 苦労されていると思います

他国のカリキュラムのように もっと充実した内容になれば いいのになと思いますが 現状はしばらく 無い時間の中で 自発的に新規のものを 習得するしか無い状況のようです

先生方の頑張りを 信じたいとおもいます selfcareSupport 長塚

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ