此れ皆、衆工の知るところ


(医療者の祓えがなく技術のみを施すことを衆工と書いている) 漢方の継承は 師弟関係の口伝で 行われてきました。 真の部分は書物(知恵)から 得ることではないから なのだと思います。

黄帝内経序文には 唐の法令ではこの書を医学に配し 専ら技を執り行う者ども(衆工) に託しており 本文と注釈とが混ざり錯そうし 義と理が混淆してしまった とありました。

そもそも黄帝内経は本来 医学書としてのみ 扱われるものではない とも書いてるわけですが、 医療者も技術屋になると この古典の解釈ができない ということを 書いているのだと思います。

単に形(体)をなおすのではなく、 「よく形、神とともに」 することを 実直に守り続けたい と祈るばかりです 日諸木 宮の森煎じ漢方薬局