根拠なき確信

表題の 「根拠なき確信」 というのは

ポジティブを 自分のものとして 具現化する 重要な意識だと

きのう、再確認しました

な〜んて 仰々しく書くと 大げさに聞こえるかも しれませんが

きのう、携帯を無くしたんです でも、気づいた時には 絶対手元に戻ってくると 当たり前のように、思うんです

以前、無くし物をした時っていうのは 大騒ぎしていたもんなのですけど..

デパートで カードなど諸々入ったお財布を 落とした時も、 長距離列車の中に PCの入ったバックパックを 網棚に置き忘れた時も、

根拠なく 無くしたものが 戻ってくると 思うのです

すると、やはり 戻ってきます

なんてことのない話のようですが 意識が具現化するスピードが 以前とは違ってきている そんなことを感じます

都合の悪くなるような意識は すべ〜て、手放しましょう

すべ〜て、です selfcareSupport 長塚

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ