本当に痛かったのかな?

小さい頃 遊んでいるときに 友達がワタシの足を指さして ワーワー 言っていました

何だと思って 見てみると 血があふれ出ていました

それを見た瞬間から ものすごく痛くなって 大泣きしたのを覚えています

大人が集まってきて 表情を曇らせているのを見ていたら どうやら大変なケガらしい とも思い始め だんだんこわくなってきたのも覚えています

病院に連れて行かれると 何針か縫うほどの ケガではあったのですが

なんで気づくまで痛くなかったのか 不思議でした

 

私たちが病気を嫌がる一つの原因は 痛みに対する恐れなのかと 思います

ドラマでは 病人役の役者さんは ずいぶん苦しいように見えますし

おじいちゃんが 病院でイタイイタイといって 死んでいくのを見ていて 病気は嫌だなと思っている人もいるでしょう

小さい子が 親の注意をひきたくて 痛いよ~と泣いたりする そんな‘痛い’もあるわけで、

うん そうだね 痛いね と、寄り添ってほしいという痛みは 結構あります

また、 大騒ぎしていた割に 当の本人は痛がっていたことを 覚えていないケースも多かったりします

想像しているほど こわい痛みなどありません

ワタシの場合 本当に息ができないほど痛いときは 痛いとは言えませんでしたし 時間が止まったかのような痛みの中で 音も聞こえなくなり 妙に冷静な自分がいたりしましたから 痛さは外界をシャットアウトして 自己に集中させる時間をもたらします

痛い って言っているのを聞いちゃって こわくなってしまった人は どのくらいの痛みかわからなかったからといって 想像でそれを恐れることはないのです

私たちが痛みと感じる大部分は 意識で作り出している痛み なのかもしれないのですから

selfcareSupport 長塚

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ