懐かしの街で

先日、4年ぶりに 大好きだった街に行ってきました

IMG_1611

病に倒れたという恩師に会うための わずか2時間ほどの 滞在時間だったのだけれど すごく充実した幸せなひと時でした

そんなわずかな時間の さらにわずかな移動時間の中 ふと顔を上げると この街で有名な作家さんと 目が合いました

「4年前まで しょっちゅう この街に遊びに来ていたのに 一度もすれ違うことが なかったのにな〜」 と、不思議に感じました

その夜、なんとなしに 「ぼうずかずお」 と検索してみると 正しくは「うめずかずお」氏 であったことを知りました

検索で一緒に出てきたのは 「My Name is Shingo」 という作品で

小さい頃、 「まことちゃん」という本を 友達からちょこっと見せてもらったとき 鼻水を垂らしている主人公が好きになれず それ以来どの作品も読んだことはなかった のだけれど、

ネットで立ち読みができるとあって 「My Name is Shingo」 をパラパラと読んでみることに、、

この漫画、最初に 描かれているのは宇宙で 主人公はその宇宙に生まれた意識

その主人公の父親が悟、母親が真鈴といって 本人の名前は真悟という 本人といっても、その意識はロボットに宿る というものなのだけど、、

その真悟を壊そうとするのが “日本人の意識”(←放射能防護服を着てる) として描かれていたり、 そのほかにも ものすご〜くたくさんのメッセージが 詰め込まれていて、 しかもこの本が1980年代に描かれていた ということが、 今、人工知能の問題が現実となる中で 何よりすごいな〜と思いました

真悟が伝えようとして 残したのが”アイ”だけだった という、、 だけどそれを誰も理解していない という、、 、、、 、、、 これでは てんで伝わらないと思うので 興味持たれた方は 是非読んでみてください

去年、ミュージカルにもなって 話題になっていたようです 何十年も経って、 時代が楳図かずお氏に 追いついたのかもしれないですね 天才ってすごいな〜 selfcareSupport 長塚

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ