怒りの影響

ワタシはよく 「怒ることある?」 ときかれます

怒ることがなさそうに 見えるらしく そう聞くのだそうです

たしかに 怒りっぽくはないですが 怒ることはあります

とは言っても、 今は"怒り心頭"という状態に なることはありません 怒る時は、むしろ 怒る演出をしている という冷静な感覚で 怒っています この演出も専ら子供の前でしか しません

それにはこんな体験が 影響していると 自分では思っています

ワタシは5年ほど前に こんなに怒ったことはない と自分で思うくらい 本気で怒ったことがありました 人生で初めての超絶・怒りでした

そしてその2日後に 東日本大震災が起きました

その時、無性に (地震発生に) 加担してしまったという 罪悪感に襲われました

勝手に一人で衝撃を受けて 「もう怒るのはやめよう」 と心に誓ったのです

というのは、 ワタシは怒った時に 電球が音を立てて切れたり 電化製品があからさまに壊れたり ということを 繰り返し体験していたので [怒り=破壊] という式が自分の中に 出来上がっていたのです

子供が 火を触ってやけどをして [火=触ると危ない] というリンクができるように [怒り=いけない事] という意識付けが 311の体験で決定づけられました

というわけで どんな些細な怒りでも ワタシの中ではご法度になっている わけなのです

 

怒っている人のそばにいたら 嫌な気分になった なんてことは 誰でも体験したことがあるでしょう

それはなんでだと思いますか? それだって本当のところは 見えない影響なんです

なんてことない 自分だけの些細な怒りが 実は見えないところで すごく影響を及ぼしているのです

みなさんはどのように捉えていますか? みなさんの影響力は甚大なんです selfcareSupport 長塚

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ