心境のおすそ分け

子供を育てていると

…いつも言っていたじゃない… というようなことを

今日こういうことがあって これこれって こういうことなんだね

と、初めて知ったかのように 教えてくれることがあります

ワタシがいくら 色々なことを言っても 結局、本人が経験して 腑に落ちたことしか 自分のものにならないのだなあ

と、つくづく思います

 

本を読んだり 話を聞いたりして 学んでいることは

その人の 表現の仕方を 知ったり 学んだり していることで

その人の経験を プチ体験するVR みたいなもの なのでしょう

だから自分がすでに 経験していたことに 新たな表現を得ると ふむふむと 納得する(自分のものにする) けれども

自分の経験していないVRだと その時限りで まだ自分の力にはならない (自分のものにならない) 本当のバーチャルで 終わってしまう のだと思います

だからと言って 自分の経験の前に (誰かの)表現を 得ておくことが 無駄になるわけではないので

読むならば 聞くならば 良書にふれて その方のVRをプチ体験させてもらい テクニックなどではなく その心境をおすそ分けして貰うと 良いのだと思います selfcareSupport 長塚

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ