島内に棲息する猿の数


「百匹目の猿現象」 というお話は 聞いたこと ありますか? ある島に棲息する 一匹の猿が 芋を洗って食べる事を 覚えたところ 島の中で 同じように芋を洗う猿が増え 芋洗い猿が 島内で100匹目となった時に 別の島でも 猿が芋を洗って食べる という行動が 見られるようになった という話です。

このお話を はじめて聞いた時 私の中では勝手に 島内に生息する猿が 100匹であると イメージしてしまって いました。 しかし 光岡知足氏の 腸内フローラの研究を 知った時に 島内に棲息する猿は 500匹程いたのか という風に イメージが塗り替えられました。 これは 私にとって 観念の大きな変化でした。 思い込みによる負担 というのは 気付きづらいですが 大きいものです。

お一人お一人の中にある あらゆるものに対する 独自のイメージは 日々、体に影響を与え それを体は体現していきます。 ですので 伝統医学の考え方には 「内邪」という概念が あるのです。 内邪は 自己の内でつくられ 臓腑を傷つけます。 そのような視点で 漢方をお出しすると ちゃんと 体が反応するので 漢方医学は 本当にすごいと 思います。 日諸木 宮の森煎じ漢方薬局

ひもろぎ

日諸木 宮の森煎じ漢方薬局

札幌市中央区宮の森4条13丁目4-27

TEL 011-215-9979