子供の相談

子供にはまず 精一杯生きることを 覚えてもらわないと いけないと思います

けれども 「平均的な子供像?」 を求めてしまう 学校の姿勢や 世間体の体裁や 親の見栄やら なんやらで

子供が自ら 一生懸命やっていることに 感情的に釘を刺して 遮ってしまうことが あります

そういうことが 当たり前と思って 小さい時の子供は 大人の言うことを 聞いていますが

積もり積もって 年頃になると 「なんか違う」 ということが 子供にはばれてきます

「お母さん 本当に自分のことを 愛しているんだろうか..」

すると その疑問を 確かめるべく いろんな仕掛けを本気で してきます

そのとき大人は 自分のためだったのか 子供のためだったのか 確認をして

気持ちは子供のためと 思っていたのに やっていることや 言っていることが 体裁や見栄のためのもの だったと 気づいたならば

自分の未熟さを認めて 謝り修正しなければ ならないと思います

それも本気で 体当たりしなければ 伝わらないことです

体裁や見栄などは 微塵も差し挟まず 捨身で伝えなければ

「やっぱり違うじゃないか」

と、ばれてしまいます

 

積もり積もって 年頃にり 「なんか違う」 ということが 子供にばれてくるとき

言葉や態度のかわりに 子供の体が反応して 病気として表現することが あるように感じます

そのような時

自分のために 精一杯生きることを してこなかった親が 全力で自分を認めることを することが 子供の病状に 奏功することが あります

子供が子供のうちは 親の変化が 子供に大きく影響を与えます

自分を認めることができて はじめて 子供の全てを 認めることができるように なるからなのでしょう

子供の相談に来たのに お母さんの相談になるのは こういうわけなのです

もっとスマートに お伝えできるよう 精進いたします selfcareSupport 長塚

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ