子供に謙虚に

ときに子供を 端から未熟なものとして 扱う場合が あるかもしれません

しかし 子供に対して 謙虚でいることは お得なことです 得るものばかりを 与えてくれます

我が子であれば 自分の写し鏡として たくさんの提示をしてくれ

我が子でなくとも 世相の写し鏡として 働いてくれます

大人がその働きに対して 不満を抱いたり イラだちを覚えたりするのは 自分自身に怒っているものと 同様のことで 何に対して このようなことが起きているのか 自分のこととして 置き換えてしまうと ことはスムースです

子供に自分の感情をぶつけても なんらの解決にもなりません