大建中湯裏ワザ

こんにちは selfcareSupport 長塚です 本日のメルマガは ブログ http://www.selfcare-s.com/「大建中湯」/ のつづき、といいますか 漢方との付き合い方の裏ワザです

食欲の秋 といいますが これは、冬に備えるための本能である場合と 夏の疲れで消化機能が落ち、 栄養が吸収できなくなって からだが「食べたい」と思っている場合とがあります

後者の場合 消化器官を休ませなければならないのですが 夏→秋の寒暖の差による 冷えからきてると感じるときは「大建中湯」です

なんかよくわからないけど 「大建中湯」をのんでみたら 食欲が落ち着いた(笑) というのであれば、 結果、後者の状態だったのだなとわかるわけです ↑これが裏ワザ

これで次から <冷え+異常食欲>のときは ちゃちゃっと「大建中湯」1袋で対処できるわけですね

こうやって経験で自分のからだのくせを知り そのくせを作り出している習慣を知ったり そんな状態になりやすい季節や条件を把握しておけば

不調→病院に行こう

なんてことをしなくて済みますし 漢方にすら頼らなくてすむように ご自分で養生できるようになるわけです

すこしづつセルフケアの方法を増やしていきましょう! 良い週末を~

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ