四気調神大論篇〜春三月〜

黄帝内経 素問 四気調神大論篇 春の養生のしかた

春三月、此謂発陳。 春の三箇月は発陳という 寝かせておいたふるきを外へ出し 芽吹きの季節

天地倶生、万物以栄。 天地の生気が倶に発動し 万物が生き生きと栄える

夜臥早起、広歩於庭、 夜に遅く寝て、朝は早起きし 庭をゆったりと歩く

被髪緩形、 以使志生。 髪をときほぐし こころを生気にしたがってつかう 生而勿殺、 予而勿奪、 賞而勿罰。 生気にしたがい 殺気をもたず 生気を生かす援助はしても 自発的生気を奪うことなく 褒めても罰することはしない

此春気之応、養長之道也。 此が春の気に順応させる 春の養生の道である

逆之則傷肝、夏為寒変、 奉長者少。 この自然の法則に則っとらないと 肝気を損傷し 夏には火気を生ずることができず 寒気に偏り 夏の長気を連れてくることが 少なくなる

立春〜立夏までが春三月です

冬の間収蔵して 寝かせ温めておいた気を 緩め解きほぐす時が来ました

気象現象としては 冬真っ只中の様相なので

事象ばかりを 追っていると 気持ちが 追いつかないかも しれません

けれども 気の流れは春です

しっかり春の気に順応させ 大いにこころを励まし 成長を応援しましょう selfcareSupport 長塚

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ