四気調神大論篇〜夏三月〜

黄帝内経 素問 四気調神大論篇 夏の養生のしかた

夏三月、此謂蕃秀。 夏の三箇月は蕃秀という 万物が繁栄して秀麗となる季節だ

天地気交、万物華実。 天地の気が交わり合い 万物が華やかに実する

夜臥早起、無厭於日。 夜に寝て、朝は早起きし 夏日を厭うことなく

使志無怒、使華英成秀、 使気得泄、若所愛在外。 怒ることなく 気をのびやかに行きわたらせ 花がをふりまくように 気をあふれさせる

此夏気之応、養長之道也。 此が夏の気に順応させる 夏の養生の道である

※「秀」禾:稲 が 乃:のびる様

立夏〜立秋までが夏三月です

一般的に 何時でも早寝早起きが 励行されているけど 東洋医学的に言えば、 夏は 遅寝早起きを養生としている

朝日で目覚めたら 二度寝せずに起きちゃいましょう この夏、あふれんばかりの愛を〜 selfcareSupport 長塚

続きがあって、、 逆之則傷心、秋為痎瘧、 奉収者少、冬至重病。 この自然の法則に則っとらないと 心気を損傷し 秋には痎瘧を発し 収べきものの少ない秋を迎えることになる そして冬には病を重ねることとなる

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ