四気調神大論篇〜冬三月〜

黄帝内経 素問 四気調神大論篇 冬の養生のしかた

冬三月、此謂閉蔵。 冬の三箇月は閉蔵という 万物が潜伏収蔵する 季節である

水冰地坼。 無擾乎陽。 水は冰(こお)り 地は坼(た)く 陽気を乱れ騒がせては ならない

早臥晩起、必待日光、 早寝、遅起きし 必ず日の出を待つようにする

使志若伏若匿、 若有私意、若已有得。 伏せるように隠れるように こころをしまい納め 内緒ごとのように内に秘め すでに全てを掌握したように こころを豊かに保ち含める

去寒就温、 無泄皮膚、使気亟奪。 寒さは避け温かくし 皮膚から気をしばしば 漏泄させないようにする

此冬気之応、養蔵之道也。 此が冬の気に順応させる 冬の養生の道である

逆之則傷腎、春為痿厥、 奉生者少。 この自然の法則に則っとらないと 腎気を損傷し 春には厥逆をおこし 春の生気を受けることが できなくなる

立冬〜立春までが冬三月です

秋には大収穫いたしましたか? その豊穣を熟成させる季節が 冬です

熟成発酵させる時に しっかり内を温め 途中で蓋を開けたりしないように しっかり閉蔵して衛ります

冬の養生しっかりして いい土を作らないと 春にいい芽を 出すことができません

秋の収穫を受けて 次の秋の収穫に向け ある意味 新年が始まっているわけです 心身の活動すべてが そのように動いています

秋の収穫を最大限に生かして 土づくりをする 大切な大切な季節です 腎気を養ってください selfcareSupport 長塚

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ