動いておけ〜

札幌市の中学校は 今日で冬休みが終わります

夕食が終わって、 「宿題は終わったの?」 と子供に聞いてみた

中2生は 「まだ終わってない」 「終わる予定だけどね」 休み明けになっても 平気で宿題終わっていないよ とイジケ加減で言っていた 以前に比べれば まあまあ前向きな感じで 良い加減である

一方、中1生は 「終わってない」 見てみると本当に何も終わっていない というか何もやっていない やる気も起きないけどやらなきゃいけない もうどうにでもなれ〜ってな 完全に自暴自棄モードに入っていた.. 以前は休み前半に サッサと宿題を終わらすタイプだったのにな?

この若さにして コインの表裏を経験しているような 子供達

そうそう 人生はコインの表と裏を 経験するようになっていると いわれている

と、ちょぴっと深そうな話は おいておいて

 

自暴自棄になって 自分を失っている中1生

目の前の課題を よっぽど大きなものに 自分の中で作り上げているのだろう

現況の教育システムに 寄り添ってやるのが しんどいのも分かるけどね

でも、 自分のペースでやれることは 行動しておかないと なんにも始まらないから

納得のいかないレールに 乗らなくてもいいから 走らないと進まないんだよね

もしまだ自分のレールが はっきりしなくても 動いておきなさい だんだんレールが自分の前に 勝手に出来上がってくるから

徐行運転でいいから 動いておけ〜 停止はするな〜

2児の母 長塚

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ