健康の再定義

健康といえば 1948年のWHO憲章にある 以下の定義が有名かとおもいますが

健康とは身体的・精神的・社会的に 完全に良好な状態であり、 たんに病気あるいは虚弱でない ことではない。 Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.

WHOは1999年の総会で健康の定義を 以下のように再定義提案している

健康とは身体的・精神的・霊的・社会的に 完全に良好な動的状態であり、 たんに病気あるいは虚弱でない ことではない。 Health is a dynamic state of complete physical, mental, spiritual and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.

日本の医療は この健康のうちの どこまでを意図して サービスの提供を 行えているだろうか

ワタクシの提供しようと 思っているところは 霊的な健康を先導とする 健康である

日本における医療は 実際、ビジネス要素が 濃くなっている とワタシは感じている であれば ワタシタチ消費者は 自分の欲するところを もっと明白に 消費していきたいところだ

サービスを受ける側の ワタシタチ個人個人は 自分の求める健康がどういうものか 個々に認識して 目指すところを あやふやにしないようにすることが 大切だ

サービスを提供する側、受け取る側 どちらが良い悪いということでは なくなっているということは わかっていただけるだろうか

なぜ、 霊的に良好な動的状態 という文言が付け加え 論議されているのか ワタシタチも 今宵考えてみましょう

merryChristmas selfcareSupport 長塚

関連記事

ようやく selfcareSupportが ブラッシュアップします これまで selfcareSupportの意をご理解いただき ご利用くださいました皆様に 改めて感謝申し上げます ここに至るまで 随分時間がかかり 期せずして お御代替わりと 重なりましたが 令和の時世と共に 躍進していきたいと思います どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします selfcareSupport 長塚

新年を迎え た と思っていたら もう1月が終わります 自分にとって 去年は予定していた展開に 大きな遅れが生じていました それも自分自身の 準備が整っていないことの 現れだと受け止めていましたが 自分の中で停滞と思いながらも 予期せぬ展開や 新たな出会いを享受することが 出来ていました 病気も同じような面があると思います 自分の望んでいない展開であっても あとで考えてみれば

12/23の朝会は 「大国主神の神裔と国作り」です 古事記を こころで読むことで 日々の生活を こころで観る視点が 定まってきます 「自分が」という 自我の意識を祓う方法は 本当は非常にシンプルです シンプルなために 気づくとなおざりになっている ことがあります そのため 生活の中に型をもつことで 自分を律し支えやすくなります 古事記を読むということは 自分の自我に「気づ