一切の文句・悪口を封印してみる

一切の不平不満の文句 悪口の類を封印してみます

これは 我慢するのとは違います

他人のせいにしていたこと 他人のせいとして表現してきたことを

どうしてこういうことが 起こってきたのだろうと 受け止めなおすということです

そこで 自分のせいでこんなことが起こった などと、曲解しないように 気をつけてください

自分のために 起こってきている事象なのだと 連想する癖をまずつけてみます

連想する際にも 自分を含め、誰かのせいにしないように 気をつけながら連想します

ポイントは すべて、愛由来のものである という観点を含めていくことです

すると、 勝手に文句・悪口が 封印されていきます